満員御礼!

『古川ロッパ傑作集』発売記念イベント、<ロッパ・ちょいといけます・ナイト>ログ




いやー、面白かった!疲れた!びっくりした!小雨模様の悪天候の中、空気が薄くなるほど人が集まり、気心の知れた仲間や敬愛する方々が集まり、楽しい話しが聞け、ややしゃべりすぎたもののあまり淀みもなく思ったことを存分に話せ、とても幸せでした。古川ロッパ傑作集の発売記念イベントは予想以上の盛況で嬉しいやら、忙しいやら、正直慌ててしまいました。先ずワン・ドリンク制だったのでこれはきっと通常のカップだと大変だと思い、急遽紙コップに切り替えワン・ドリンク・メニューも新設し、臨んだのですが、結局寒かったせいかホット・コーヒーやホット・ティー等に集中してしまい、すんなりとドリンク出しができませんでした。その他にもいろいろ準備があったのですが、すべて飛んでしまいなし崩し的なスタートとなってしまいました。更に最初の出番で予定していた瀬川さんが定刻を過ぎてもなかなか到着せず、結局見切り発車で最初のトークを郡さんに差し替えてのトーク・ショーとなりました。そこで腹を括ったのがよかったのでしょうか、郡さんとの掛け合いもうまくいき、その途中に瀬川さんもご到着となり、特に支障なくイベントを進行することができました。最初にこの日の特別ゲストで予定していて、出席できなくなった古川清さんのコメントをビデオで流し、郡さんにはSP復刻の技術的なお話しをしてもらいました。そして今回のCDに収録できなかったポリドール音源の内、「僕は天下の人気者」というSP音源を手巻き蓄音機でかけ、更に「ハリキリボーイ」をブラジル盤と日本盤で聞き比べをしました。瀬川さんにはロッパさんをご覧になっている当時の様子をお伺いし、そこで一旦休憩となりました。実は筋書きではそれぞれにロッパさんのアルバムから1曲を選んでもらい、それをかける予定でしたが、最初の郡さんの話しが長かったせいか、飛ばしてしまい、蓄音機による2曲に留まってしまいました。瀬川さんには忘れずに1曲、「ガラマサどん」を選んでもらい、それをかけ、休憩の後、中野さんに登場してもらって、主にロッパさんのエンターテイナーとしての特徴を解説してもらいました。中野さんは意外にも「東京ちょんきな」が面白いと言ってそれを選び、最後の岡田さんはCD前半の曲が好きだと言って「ア・ラ・ドーモ」を選んでくれそれをみんなで聴きました。忘れていた郡さんにも1曲選んでもらい、「歌えば天国」をかけました。ロッパさんの出ている映画をちょっと紹介し、その後、アゲインでライブをやっているポール・リクターさんに2曲カヴァーしてもらい、「東京オリムピック」と「潜水艦の台所」を歌ってもらいました。その紹介が終わってお開きという時に図らずも感極まって一瞬言葉つまってしまいました。そう、すべてが自分の味方に思え、ゲストの方をはじめ、ポールさん、ブリッジの方々、たくさん集まってくれた観客のみなさんの顔を見ていたらとっても幸せな気分に陥りました。思いがけないお客さんもあり、ちょっとしゃべり過ぎたマスターでしたが、終わってからとても満足のいくトーク・イベントでした。お足下の悪い中、集まってくれた方々に心から感謝の意を申し述べたいと思っています。(最後に私が選んだ1曲は推理してください)


日時:2010年2月13日(土)16時より19時50分まで
場所:武蔵小山『ライブ・カフェ・アゲイン』
ゲスト:瀬川昌久さん、郡修彦さん、中野正昭さん、岡田崇さん、ポール・リクターさん、(田村玲彦さんはご都合で欠席となりました。)



インデックス・ページへ戻る。